「花筐 Hanagatami」のあらすじと感想は?壇一雄の原作の渾身の反戦・反骨映画。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「花筐 Hanagatami」
(PG-12)
2017年12月16日公開(169分)

壇一雄の原作を
余命宣告された大林監督の
渾身の反戦・反骨映画。

1941年春、
叔母(常盤貴子)が
生活している佐賀・唐津に
移り住んだ17歳の俊彦
窪塚俊介)は新学期を迎え、

美少年の鵜飼(満島真之介)や
お調子者の阿蘇(柄本時生)らと
勇気を試す冒険に熱中していた。

2 3

肺病に苦しむ従妹の美那
矢作穂香)に恋する一方、

女友達のあきね(山崎紘菜)や
千歳(門脇麦)とも仲がいい。

そんな青春真っ只中の彼らに、
いつしか戦争の影が忍び寄る……。

4

この映画を時代錯誤と
とる方もいるかもしれないが、

近くで戦争が起こりそうな今、
警告を含んだ会心・渾身の一作。

これだけの性格俳優をそろえ、
しかも年齢とは全く
関係ないような配役。

あまりに実験的で、
斬新を通り超え、
逆に前衛的にも取れた。

白黒かと思えば、
血の赤を強烈に描いたり、

唐津くんちのクライマックスの
盛り上がりやダンスシーンの
総天然色など、昨年見ていれば、

間違いなく、
去年の邦画ベスト1作品。

そんな時代でも若者たちは
青春を謳歌しようという、
彼らの生きる姿に感動させられる。

かつては「ハウス」や
「時をかける少女」など
商業映画のリーダーだった監督が、

デビュー前に書いた脚本を
80歳近くになるまで
温めていたという。

前作「ののなのなのか」の
メンバーもふんだんに使い、

再び反戦への熱意を示した監督に
拍手を送るとともに、

すべての日本人に
見て頂きたい作品。

誰がなんと言おうと
超お薦めの作品。

5 6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 3
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。