「羊の木」のあらすじと感想は?山上たつひこらの漫画をベースにした群像異色サスペンス。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

 

「羊の木」
2018年2月3日公開(126分)

山上たつひこらの
漫画をベースにした
群像異色サスペンス。

北陸の閑散とした
港町・魚深市。

刑期を終えた
元受刑者を自治体が
受け入れる新仮釈放制度により、

男女6人(北村一輝優香
松田龍平市川実日子ら)が
移住してくる。

市役所職員の月末一(錦戸亮)は
彼らの受け入れ担当を
命じられるが、

移住者たちの過去は
知らない。

2 3

しかし、
全員に殺人歴がある
犯罪者であるこが
わかるとともに、

彼らを受け入れた
町の人々との間に、
少しずつ狂いが生じていき……。

45

前作「美しい星」でこけた
吉田大八監督の面目躍如。

難しい題材をコンパクトにし、
多くの主人公たちを
うまくまとめた。

受刑者が、
普通の生活になじむことが
いかに難しいのか、

すぐそこにある
リスクをじわじわと
感じさせるタッチがいい。

また、
「のろろ」伝説も織り込んで、
不可思議なムードを作り、

6人が殺人に至った異なる
キャラも相まって、
先が読めない。

錦戸君が相変わらずいい人しか
演じられないのは残念だが、
次回は受刑者側をやって欲しい。

木村文乃も最近作では
女優として進化。

漫画原作とは思えない
異色作品なので、

ドキドキを楽しみながら
見て欲しい。お薦めです。

6 7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 7
  2. 1
  3. 3
  4. 1
  5. 10
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。