「ビューティフル・デイ」のあらすじと感想は?カンヌ国際映画祭で男優賞と脚本賞に輝いたスリラー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ビューティフル・デイ」
               (PG-12)
2018年6月1日公開(90分)

昨年のカンヌ国際映画祭で
男優賞と脚本賞に
輝いたスリラー。

元軍人のジョー
ホアキン・フェニックス)は、

行方不明になった
少女たちを捜した報酬で
生計を立てるが、

そのためには
人殺しもいとわない。

年老いた母と一緒に
暮らしている彼に、

政治家から、
彼の娘ニーナを
見つけてほしいという
依頼が舞い込む。

やがて彼女を発見し、
連れ出そうとした矢先に、
またさらわれてしまう。

そして、
依頼人の政治家は
謎の飛び降り自殺で亡くなる。。。。

2

3

「グラディエーター」以来、
話題作が続くホアキンだが、
本作での存在感も凄い。

ひげ面に、銃でなく
ハンマーで殺しまくる。

脚本の良さは
あまりわからなかったが、
ホアキン見たい方は見るべし。

最後にニーナを助けて
2人でファミレスに入り

「今日は良い日
(Beautiful day)だね!」

というところから、
邦題は来ているみたいですが、

原題は
「You are never really here」。

亡霊のように
魂がないようで、

母親には優しく、
仕事を着実にこなす
殺人マシーン。

4

ただ、
彼の苦悩やトラウマが
瞬間的にフラッシュバックで
出てくるが、それだけでは
動機づけが薄いような気がした。

監督は
「少年は残酷な弓を射る」の
リン・ラムジー。

女性監督が描く暴力は、
カンヌにとって
新鮮だったのかも。

ホアキン・ファンにはお薦め。

5

6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 4
  3. 1
  4. 5
  5. 3
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。