「マスカレードホテル」のあらすじと感想は?東野圭吾のミステリー小説を実写化した話題作。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「マスカレードホテル」
2019年1月18日公開(133分)

東野圭吾の
ミステリー小説を
実写化した話題作。

現場に不可解な数字の
羅列が残される
殺人事件が都内で、
3件発生する。

警視庁捜査一課の
刑事・新田浩介
(木村拓哉)は、

数字が次の犯行場所を
予告していることを突き止め、

ホテル・コルテシア東京で
4件目の殺人が
起きると断定する。

だが、
犯人の手掛かりが
一向につかめないことから、

新田が同ホテルの
従業員を装って
潜入捜査を行う。

優秀なフロントクラークの
山岸尚美(長澤まさみ)の
指導を受けながら、

宿泊客の素性を
暴こうとする新田。

利用客の安全を
第一に考える山岸は、

新田に不満を
募らせ衝突する。。。。。

2

原作ファンからの
厳しい批判を受け、

評価のよくない
本作であるが、

正直、映画としては
それなりに楽しめた。

ただ、
橋本マナミなど
不要な出演もあり
(個人的には出て欲しいが、
あれだけの出演なら可哀想!)

東野さんは元々、
キムタクをイメージして
本作を書いたと
言われているが、

3

やはりキムタクはキムタク。

出ているメンバーも、
どこかのTVと
同じような面々で、

もっと違う役者も
配置して欲しかった。

ホテルのロケには、
東京・水天宮の
ロイヤル・パークホテルらしい。

さんまが隠れキャラ
ということだが、
探すのは結構難しい。

話題性を追求する
フジTVらしく、

大ヒットで結果
オーライか。

名古屋の場末の役者が、
なぜ東京の高級ホテルに
泊まったのかという
突っ込み所はあるが、

「来る」を見ていた方には、
2つの映画に共通項を
見出したかも。

犯人の方の演技は
迫力あるが、

やはりトリックが
ありすぎて、

ここまで手の混んだ
殺人は普通やらないでしょ
と思ってしまう。

まあ、話題作ですので、
見て損はありません。

客がごねれば、
ホテルは簡単に
アップグレードしてくれる
ようなので、

これを見てクレーマーが増えそう。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 9
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。