「そらのレストラン」のあらすじと感想は?大泉洋主演の北海道映画シリーズ第3弾。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「そらのレストラン」
2019年1月25日(126分)

大泉洋主演の
北海道映画シリーズ第3弾。

北海道せたな町の
海が見える牧場。

雪に埋もれた冬の日、

こと絵(本上まなみ)が
突然やってくる。

そして数年後、彼女は、
牧場とチーズ工房を営む
亘理(大泉洋)の妻となって、

子供とともに幸せに
暮らしていた。

近所に住む脱サラの
羊飼い神戸(岡田将生)、

野菜農家の石村
マキタスポーツ)らは、

ある日、
自分たちが生産した
食材が札幌の有名な
シェフの手でより
おいしくなったことに
感動する。

そして、
この感動を人々に伝えようと
1日限定でレストランを
開くことを決める。。。。。

 

北海道のダイナミックで
素晴らしい景色と食材を
堪能できる観光映画。

チーズ作りを大泉に
教える大谷(小日向文世)が
キーとなるが、

突然亡くなり、
レストランの開業を
延期するなど、
苦労話もある。

ただ、
大きな山はなく、
さらりと受け入れられる映画。

なぜ、
こと絵がやってきたのか、

小日向さんは
どの程度すごい
チーズマスターなのかは
説明がないのは寂しいが、

北海道の大自然を
空から見せてくれる。

小さな感動や
エピソードを
積み上げた展開だが、

見た後に心が
穏やかになる。

ちょっと心が
せわしい方には、
丁度いい。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。