「ナチス第三の男」のあらすじと感想は?ナチ第三の男と彼の暗殺計画の全貌を描く歴史大作。

この記事は1分で読めます

3

Sponsored Link


  1. 映画を愛して、映画大好きだからこそ!
    勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
    映画好きな方も、あまり観ない方も
    ご参考までに(*´∀`*)

1

「ナチス第三の男」
(R-15)
2019年1月25日(120分)

その冷酷さから
“金髪の野獣”と呼ばれた
ラインハルト・ハイドリヒ
(ジェイソン・クラーク)。

海軍兵士だった彼は、
ある事件が元で
不名誉除隊させられる。

しかし、
妻となるリナ(ロザムンド
・パイク)の影響で、

ナチスドイツに入党し、
ユダヤ人を取り締まる
新組織で頭角を現し、

さらに多くのユダヤ人を
虐殺した首謀者として
絶大な権力を手に入れ、

ヒトラー、ヒムラーに
次ぐ第3の男となる。

一方、
チェコスロバキア亡命政府の
命令で2人の青年が
チェコ国内に潜入し、

ハイドリヒの暗殺計画を
実行しようとしていた。。。。。。

2

3

これまでも
「ハイドリヒを撃て!
ナチの野獣暗殺作戦」など、

暗殺計画に重点を
置いた作品はあったが、

4

今回は前半に
ハイドリヒの
反省を描き、

そのキーとなるのが、
「ゴーン・ガール」でも
恐怖の妻を演じたロザムンド

5

この手の戦争映画には
普通ない衝撃的な
シーンから始まり、

彼女が化け物を
作り上げる所から
描かれている作品は
初めてで、
大変興味深かった。

暗殺計画は
史実に忠実で、
何度見ても凄い。

6

村の殲滅、
教会への立てこもり、
水責めなど、

多くの犠牲を払って
周到に計画された
暗殺事件の顛末が
見事に描かれている。

歴史映画の好きな方、
暗殺計画の恐るべき
事実を知りたい方には
超お薦めする作品。

ミア・ワシコウスカも出ています。

7

8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 2
  6. 2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。