「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」のあらすじと感想は?宮川サトシの実体験をつづったエッセイ漫画を実写映画化。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「母を亡くした時、
僕は遺骨を食べたいと思った。」

 2019年2月22日公開(108分)

宮川サトシの実体験を
つづったエッセイ漫画を
実写映画化。

幼いころから病弱だった
サトシ(安田顕)は

母(倍賞美津子)の愛情に
救われてきたが、
母ががんを告知されてしまう。

彼は、
百度参りや国産野菜の
ジュース作りなど
母を支えようと
無我夢中になるが、

同時期に恋人(松下奈緒)も
一緒に支えてくれる。

しかし、2012年の春、

30代後半のサトシに
母との永遠の別れが訪れる。

それから1年後、
落胆していた父(石橋蓮司)と
兄(村上淳)も前を向き出したころ、

サトシのもとに
母からのプレゼントが届く。。。。。

 

「さよなら渓谷」「日々是好日」
の大森監督も、

この「遺骨を食べる」という
凄いタイトルの与える
猟奇的なイメージと原作の
落差を埋めることはできなかった。

安田顕は「愛しのアイリーン」
に続いての熱演で、

ただのマザコンに
見せないことには成功したが、

妻(松下奈緒)との
関係がちょっと微妙。

いくらなんでも
ここまで母親好きな人には、
妻は引いてしまいそう。

たくましく、
そして優しい母を
倍賞美津子は好演。

こんなお母さんは
どこでもいそうだが、

その家族は
ちょっと特殊で、
感情移入が難しかった。

筆者はまだ母を
亡くしていないが、

あんなに悲しめるのは、
幸せだったんだろうと
言わざるを得ない。

実力派の俳優がそろった
映画を見たい方、

純粋な母親愛の映画を
見たい方にお薦めする。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。