「天才作家の妻:40年目の真実」のあらすじと感想は?ノーベル賞作家とその妻の秘密にまつわる心理ドラマ。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「天才作家の妻
:40年目の真実」

(英米・スウエーデン合作)
2019年1月26日公開(101分)

ノーベル賞作家と
その妻の秘密に
まつわる心理ドラマ。

アメリカに住む
現代文学の重鎮ジョゼフ
(ジョナサン・プライス)と

妻のジョーン(グレン・クローズ)は
ノーベル文学賞受賞の
知らせを受ける。

息子を連れて
授賞式が開かれる
ストックホルムに行くが、

そこで記者のナサニエル
(クリスチャン・スレイター)
からジョセフの経歴に
関わる夫婦の秘密に
ついて聞かれる。

類いまれな文才に
恵まれたジョーンは、

ある出来事を契機に
作家の夢を断念し、

夫の影となって彼を
支え続けていた。。。。。

 

現代と若き日の二人の
出会いが交差しながら、

徐々に二人の秘密が
明らかとなる展開に
引き込まれる。

ただ、
秘密というほどではなく、

見ている方はだいたい
推測がつくのだが、

それが明らかになることで、
どういう展開になるのか、
まさに心理ゲーム。

老夫婦は、
かつてのような絆で
結ばれていくわけでもないが、

ジョセフが異常なほどに、
妻を褒めることで、
事態はエスカレートしていく。

そして、
全く想定外のラストへ。

40年間秘密をためていた妻を
グレン・クローズ
見事に演じ、

ゴールデン・グローブ賞は
最優秀を受賞。

アカデミー賞は
取れなかったが、

ノーベル賞受賞の舞台裏を
見ることに加え、

細かな心理描写の
ドラマを見たい方には
絶対お薦めする。

クローズの娘が
本人の若い時の役で出演。

原題は「The Wife」。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。