「ともしび」のあらすじと感想は?セリフも説明もほとんどない老女の人生を描く人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「ともしび」
 (ベルギー)
2019年2月2日公開(93分)

セリフも説明もほとんどない
老女の人生を描く人間ドラマ。

人生も終盤に差しかかった
アンナ(シャーロット
・ランプリング)は、

夫(アンドレ・ウィルム)と
一緒にベルギーの地方都市で
穏やかに暮らしていた。

だがある日、
未成年男児への性的虐待の
容疑で夫が収監され、

残されたアンナの生活に
ほころびが生じる。

アンナは夫の事件に
確信が持てなかったが、

漏水で家の
修繕を頼んだ時、

おぞましい写真を
見つけてしまう。

夫を通報したのは、
自身の息子であり、

孫の誕生日にケーキを持って
訪問するが、
息子一家に追い返されてしまう。。。。。

2

「まぼろし」「さざなみ」に続く
4文字のタイトルであるが、

今回の「ともしび」
の意味は理解できず。

ラストも趣味の
グループワークショップで
声が出なくなり、

「ともしび」らしい
ものは見えない。

3

本作でランプリングは、
ベネチア国際の
主演女優賞も
受賞しているが、

とにかく説明がない
物語展開なので、

ついて行くのが
難しい作品。

終始、不機嫌そうな
老女の顔のアップで、

ハリウッド的な
展開を求める方には
絶対お薦めできない芸術作品。

よほどの
ランプリング・ファンか、

人生の最後に
大事件が起きて、

息苦しい人生を
送っている方は
ご覧ください。

波打ち際に
打ち上げられた
大きなクジラの死も
何を意味するのか、

見る人に委ねるような映画です。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。