「グリーンブック」のあらすじと感想は?今年のアカデミー賞最優秀作品に輝く笑える人間賛歌。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「グリーンブック」
2019年3月1日公開(130分)

今年のアカデミー賞
最優秀作品に輝く
笑える人間賛歌。

1962年、

ニューヨークの
高級クラブで用心棒を
務めるトニー・リップ
(ヴィゴ・モーテンセン)は、

クラブの改装が
終わるまでの間、

黒人ピアニストの
ドクター・シャーリー
(マハーシャラ・アリ)の

運転手として
働くことになる。

シャーリーは人種差別が
根強く残る南部への
演奏ツアーを計画していて、

二人は黒人用旅行ガイド
「グリーンブック」
を頼りに旅立つ。

出自も性格も違う
彼らは衝突を
繰り返すが、

少しずつ打ち解けていく。。。。。

2

実話の映画化であり、
当時の世相を正確に
表現しており、

ちょっと笑える作品が
アカデミー賞を
獲ったことは、
素晴らしい。

南部の街を巡る
ロード・ムービーでもあり、

仏映画「最強のふたり」
のようなバディ・ムービー。

二人の掛け合いは楽しく、
時に切ないが、

その演技は
アカデミー賞に匹敵する
(結果的にモーテンセンは
取れなかったが)

ある意味、
トニーもイタリア系移民の
マイノリティであり、
露骨な白人主義者ではなかった。

3

この映画の
エピソードの後も、

2人は親友であり、
ほぼ同時期に
亡くなっているのが、凄い。

美談と言えば、
それまでだが、

シャーリーの言葉
「自分は黒人でもなく、
かと言って白人でもない」

というセリフは
心にずんと響く。

良質のコメディタッチ
・ヒューマン・ドラマが
見たい方、

妻への手紙の書き方が
知りたい方は必見。

イタリア系の
クリスマスって、

魚介が中心で
チキンじゃないんですね。

最後までほっこりします。
超お薦め。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。