「Kung Fu League」のあらすじと感想は?4人のカンフーマスターが現代にタイムスリップしたアクション・コメディ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「Kung Fu League」
(日本未公開)
2018年12月3日中国公開

4人のカンフーマスターが
現代にタイムスリップする
アクション・コメディ。

現代の上海。

インションは漫画家の卵で、
ある女性に恋心を
抱いているが告白できない。

彼の書いた漫画は、
4人のカンフーレジェンドが
甦る作品だが、

原稿とともに
雷に打たれると、
4人が現れてしまう。

3

それはイップマン、黄師範、
フェン師範、チェン
(ブルースリー?)で、

インションは彼らを
元の時代に戻そうとするが、

そんな時、
40流派が集まる
世界武術大会が開催される。。。。。

4

彼女に告白できない
主人公を4人の
カンフーレジェンドが助けて、

4人もそれぞれの時代に戻り
ハッピーエンドとなるが、

日本での知名度は
チェンイップマン
くらいで、

黄師範の恋のゆくえも、
わかりにくかった。

5

ただ、
アクションは漫画のような
カンフー技が飛び出したり、

会場の床下が壊れていく
シーンのCGは印象に残った。

どこか「バクマン。」
のような雰囲気もある
映画はカンフー好きには
お薦めする。

「浪花節だよ人生は」の
中国版カラオケも聞けます。

2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。