黒衣の刺客のあらすじと感想は?カンヌ映画祭で監督賞を受賞した日台合作映画!

この記事は1分で読めます

7

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*) 

6 

カンヌ映画祭で監督賞を受賞した日台合作映画

「黒衣の刺客」
(台湾・日本合作)
2015年9月12日公開(108分)

今年のカンヌ映画祭で監督賞を
受賞した日台合作映画。

唐の時代、
主人公は子供の時に
里子に出され、

刺客としての教育を
受けた女性が、
10年後、家に戻る。

政略結婚で、
別の女性をめとった元の許嫁を
殺害を命じられる。

しかし、
情が災いしてなかなか彼を
殺すことができない。。。

うーん、正直言って退屈な映画。
音とセリフを極端に
少なくしているため、

静かで画面を見て欲しい
ということだろうが、

物語の説明も不足しており、
展開すら分かりずらい。

日本からは
妻夫木聡忽那理沙
参加しているが、

エンタメ性は極めて低い
芸術作品なので、
あまりお薦めできません。

89 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. IMG_20160323_133020
  3. 1
  4. 11
  5. IMG_20160423_162303
  6. 11
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。