「やっぱり契約破棄していいですか!?」のあらすじと感想?!自殺願望の青年とダメな殺し屋の追走コメディー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「やっぱり契約破棄
していいですか!?」

(イギリス)
2019年8月30日 公開(90分)

自殺願望の青年が、
崖っぷちの殺し屋に
暗殺を頼んだことで
起こるコメディ。

小説家になる夢が
かなわず絶望した
ウィリアムは、

暗殺件数のノルマを
こなせず引退に
追い込まれそうな
ベテランの殺し屋レスリー
(トム・ウィルキンソン)と出会う。

ウィリアムは、
レスリーに1週間以内に
自分を暗殺するよう依頼する。

ところがその矢先、
出版社勤務の
エリーから電話がきて、

小説を出版する
チャンスが訪れるだけでなく、
彼女に恋してしまう。

暗殺契約の破棄を
依頼するが、

ノルマ達成のため、
殺し屋は応じない。。。。。

2

なかなかのブラック
・コメディで、

殺し屋のドジぶりには
笑わせられる。

殺し屋の協会があって、
ノルマがあるのは、

かなりブラックだが、
テンポ良く進むので、
気にせず楽しめる作品。

3

同じ英国の映画で、
素人が殺人を頼まれ、

いろんな方法を試すが、
なかなか人を殺すことは
難しいというコメディを
思い出した(タイトルは?)。

旦那の引退後は、
旅行に行きたいという妻の
立ち位置も愉快。

クーリングオフできない契約は
結ばないように注意しましょう!

原題は
「Dead in a week
(or your money back)」。

コミカルなクライム作品を
見たい方にはお薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。