「引っ越し大名」のあらすじと感想?!何度も国替えさせられた大名の引っ越しをコミカルに描く時代劇.

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「引っ越し大名」
2019年8月30日公開(120分)

何度も国替えさせられた
実在の大名の引っ越しを
コミカルに描く時代劇コメディ。

姫路藩主の松平直矩
及川光博)は、

幕府から豊後
・日田への国替えを
命じられ、

度重なる国替えで財政が
困窮している上に減封と、

藩最大のピンチに
頭を抱えていた。

ある日、
人と交わらずに
いつも本を読んでいて
「かたつむり」と
呼ばれている

書庫番の片桐春之介
(星野源)は、

書物好きなら
博識だろうと、

国替えを仕切る
引っ越し奉行に
任命される。。。。。

2

剣は強いが、
いい加減な同僚
高橋一生)に
そそのかされて
奉行に任命され、

喜んだのは母
富田靖子)だけで、

リストラ、パワハラなど
現代にも通じる
サラリーマン侍の
悲哀をユーモラスに
描いた快作。

お決まりの恋の相手は
高畑充希

恋愛、アクション、
ドタバタとすべてを
含んだコメディなので、
気楽に見られる作品。

3

侍を農民にするなど
不可解な部分もあるが、

あまり考えずに
楽しみましょう。

それにしても、
なんで松平家が
そんなに引っ越し多いのか?

御三家ではないの?
問題のピエール瀧さんも出演し、

濱田岳松重豊
西村雅彦らオールスター。

向井理君の
悪役もよかった。

監督は「のぼうの城」
の犬童一心。

ストレス解消したい方には
お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 2
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。