「JOKER」のあらすじと感想?!「バットマン」の最大の敵ジョーカー誕生を描く大人向けドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「JOKER」
      (R-15)
2019年10月4日公開(122分)

「バットマン」の最大の敵
ジョーカー誕生を描く
大人向けドラマ。

荒れた街ゴッサムシティ。

孤独で心の優しいアーサー
(ホアキン・フェニックス)は、

母の「どんなときも笑顔で
人々を楽しませなさい」

という言葉を心に刻み
コメディアンを目指す。

ピエロのメイクをして
大道芸を披露しながら
母を介護する彼は、

同じアパートの住人
ソフィーにひそかに
思いを寄せていた。

そして、
笑いのある人生は
素晴らしいと信じ、

底辺からの脱出を
試みるが、

何をやっても
うまくいかない。。。。。

2

「笑い」が病気という
設定の中で、

ホアキンの笑いが、
皆を怒らせ、
狂気を呼び込んでいく。

ジョーカーがなぜ、
あんな顔なのか、

誰がジョーカーを
作ったのか、
脚本がうますぎる。

またバットマンになる前の
ブルースも登場させ、

「バットマン」に
つながる展開も見事。

3

何も知らない人は少しだけ、
バットマンを勉強している
といいかも知れないが、

子供向け映画ではないので、
覚悟の必要な場面も
用意されてます。

ヴェネチア国際映画祭で、
金獅子賞も納得の
狂気の人間ドラマは
超絶お薦めです。

彼と対照的に出てくる
ロバート・デ・ニーロ
こういう使われ方とは驚いた。

喜劇を作りたかった
男の人生が悲劇の
どん底に陥る作品は
来年のアカデミー賞候補間違いなし

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。