「わたしは光をにぎっている」のあらすじと感想?!静かだが、生きる力にあふれたヒューマンドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「わたしは光を
にぎっている」

2019年11月15日公開(96分)

静かだが、
生きる力にあふれた
ヒューマンドラマ。

両親が他界し、
長野県・野尻湖の
ほとりにある民宿を

祖母と切り盛りしてきた
20歳の宮川澪(松本穂香)は、

祖母が入院して民宿を
閉めることを余儀なくされる。

亡き父の親友・京介
光石研)を頼って
上京した澪は、

彼が営む銭湯に
居候しながら職を探すが、

都会になじむことが
できない。

銭湯を手伝ううちに、
映画監督を目指す銀次
渡辺大地)や会社員の
美琴(徳永えり)といった
常連客と触れ合うようになるが、

ある日、区画整理で銭湯が
閉店することを知る。。。。。

2

今、一番旬な女優、
松本穂香を使い、

自分の居場所探しの
映画を撮った。

日本独自の文化である
銭湯を舞台に、

そこに関わる人達と
小さな幸せを探していく。

3

本作の松本は、
エネルギーを封印し、

ほとんど語らないが、
生きることの意味を
感じとっていく。

静かな展開だけに、
派手な作品に慣れた
観客向きではないが、

芸術の秋向けの
佳作として見て欲しい。

原題の「わたしは光を
にぎっている」は、

詩人・山村暮鳥の
詩の一説。

また、
渡辺大地がバイト(?)
している映画館は

横浜のジャック&ベティが
使われていたのは、
すぐわかった。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。