「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 」のあらすじと感想?! ハーレイクインの スピンオフ・Girlsアクション。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

 

 

 

「ハーレイクインの
華麗なる覚醒
               BIRDS OF PREY」
           (PG-12)
2020年3月20日公開(109分)

ジョーカーの元カノ
ハーレイクインの
スピンオフ・Girlsアクション。

ジョーカーと別れた
ハーレイ・クイン
(マーゴット・ロビー)は
束縛から解放され、

街にはびこる悪党が
敵意を持つほど
暴れまくっていた。

謎のダイヤを盗んだ
少女をめぐって、

裏世界を支配する
サイコパス、
ブラックマスク
(ユアン・マクレガー)と

対決することになった
彼女は、くせ者ばかりを
集めてチームを作り上げる。。。。。

画像4

「スイサイド・スクワッド」
では弾けていた
ハーレイクインを
自らのプロデュースで、

スピンオフした
ところまではいいが、

前作のような
ハチャメチャ度はなく、

盛り上がらないままに
終わった。

その理由は、
ハーレー以外の3人の描き方が
不十分であることに尽きる。

特にボーガンの女が
仲間に入るのは
あまりに不自然で、

ユアンマクレガーの敵も、
なんか貧弱。

冒頭の工場爆破みたいな、
強烈なシーンはなく、
しりすぼみ。

監督も女性で、
女性による女性のための
映画だったが、

あまり印象に
残らない作品になりそう。

画像3

アクションにもっと
特徴をつけるとか、

もっと凄い敵を作る
とかしないと、

せいぜいバットと素手、
ピストルの戦いなら、
新味性はない。

今、
一番旬なマーゴットを
使うわけだから、

もっと悪カワヒロインぶりを
徹底させ、

ペットのハイエナにも
活躍の場を
与えたらよかった。

アクション作としては
邦画に比べればましだが、

全体として
インパクト不足の
アメコミ映画。

まあ、
DC映画好きな方は
どうぞご覧ください。

画像8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。