「海辺の映画館 キネマの玉手箱」のあらすじとネタバレ?!反戦を貫く大林監督の遺作となる映画愛ファンタジー。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「海辺の映画館
キネマの玉手箱」

    PG-12
2020年7月31日公開(179分)

反戦を貫く大林監督の
遺作となる映画
愛ファンタジー。

広島県・尾道の
海辺にある映画館
・瀬戸内キネマが閉館を迎え、

その最終日に日本の
戦争映画大特集と題した
オールナイト興行が行われる。

画像6

3人の若者が映画を
観ていると劇場に
稲妻が走り、

閃光が彼らを包むと
同時にスクリーンの世界に
押し込んでしまう。

戊辰戦争、日中戦争、
沖縄戦、原爆投下前夜の
広島と上映作品の劇中で
描かれる戦争をめぐる中で、

三人は桜隊という
移動劇団の面々と出会い、

史実では原爆の犠牲に
なってしまう劇団員たちを
救おうと手を尽くす。。。。

画像7

日比谷で本作を
見た日がたまたま、

8月5日と、この映画の
舞台となる広島原爆投下の
前日だったという偶然。

我々をずっと映画の
世界で楽しませてくれた
大林監督が導いてくれたのか。

物語は、SF、ミュージカル、
アクション、時代劇の
なんでもあり。

ただ、
戦時は映画も国威発揚に
使われた黒歴史も語る。

舞台は、戦争の歴史で、
新選組や西南戦争、
日中戦争、沖縄、広島などで、

それらにからんだ
有名人を成海璃子
常盤貴子山崎紘菜
小林稔侍、、笹野高史

南原清隆片岡鶴太郎
柄本時生稲垣吾郎
浅野忠信武田鉄矢ら、
ひとり何役もで登場する。

また、
尾道三部作にからんだ、
主人公の名前を使ったり、

尾見としのり中江有里
満島慎之介白石加代子
品川徹ら大林作品に
関わる方々も登場、

オールスターで、
監督の最後の作品を
盛り上げた。

「花筐」「この空の花
:長岡花火物語」
「ののなのなのか」の
3部作を締めくくる作品は、

これまでどおり、
グリーンバックで
撮影したと思われる、

ちょっと不可思議な
映像であるが、

その中に一貫した
監督の反戦への気持ちは、
強く植え付けられた。

主演の新人の女の子の
魅力については、?だが、

この世代が監督の気持ちを
受けついて欲しい
ということだと思う。

画像12

尾道三部作しか
見てない方には、

なんじゃこりゃの作品だが、
最後までやりたい放題
やって燃え尽きた
監督の執念の作品は、

若い人にも見て
頂きたいので、

超お薦めする。

しかし、
全国で10数館しか
上映していないのは残念。

「戦争は敵より
味方を多く殺した」
というセリフも、
思わずうなずいてしまった。

それが、戦争の現実。
馬鹿な政治家が多い昨今、
戦争だけはしては
いけないのに、
心配になる。

画像14

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。