「若い人」のあらすじとネタバレ?!石坂洋次郎の小説を3大スター共演で描くほろ苦い青春ドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「若い人」

1962年10月6日公開(90分)

TV放映

石坂洋次郎の長編小説を
3大スター共演で描く
ほろ苦い青春ドラマ。

長崎のミッション系高校に
勤める28歳の数学教師
・間崎慎太郎(石原裕次郎)は、

江波恵子(吉永小百合
という女生徒の作文を読んで、
その激しい情熱に打たれる。

恵子は間崎が好きで、
料亭を営む母と
彼の家を訪れたり、

妊娠していないのに、
彼の子供ができたと
噂を流すような、
弾けている女子高生。

一方、
同僚の橋本スミ
浅丘ルリ子)は、

間崎が女生徒に
ひかれていくのを戒める、

真面目な教師だが、
心の底では間崎に
引かれている。

ある日、
間崎は江波の母の料亭での
喧嘩を仲裁して
大けがを負うが、

そこにスミが
お見舞いに来る。。。。。

2

男女共学が問題視される
時代の話なので、

現代視点で見ると、
ちょっと違うかもしれない。

したがって、
3人の感情や三角関係を
楽しむよりも、

3大俳優という
視点から見ると面白い。

まず、
小百合さんだが、
反抗的で、情動的な娘。

当時17歳くらいと思えるが、
グリーンのワンピース姿は
本当に美しいし、

今の17歳よりも
はるかに大人っぽい。

次に、ルリ子さんは、
多感な女子高生とは反対の、

知的で大人の女性を演じ、
浴衣姿が特に映える。

そのどちらにも惚れるのが、
裕次郎だが、厚かましく、
女子高生にモテモテの
優男を演じるが、

石坂文学には
ちと不似合いだった。

監督は青春ドラマを
撮らせたら最高の
西川克己監督。

美しい長崎の名所や、
修学旅行先の東京の景色も、
今見るとびっくり。

女子高生の
白い体操着がまぶしく、

ちゃぶ台返しや、
バヤリースオレンジなど、

大変ノスタルジックな
昭和を楽しみ過ぎて、

父のいない恵子が、
慎太郎に男を見て、

恋してしまう自然な
シーンを見逃したような
気がしている。

昔、
アイドル桜田淳子の
「若い人」を見て、
大変残念だったので、

こちらはお薦めできます。

3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。