「ワンダーウーマン1984」のあらすじとネタバレ?!「ワンダーウーマン」の第2作目アクション大作。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

Sponsored Link


 

画像2

「ワンダーウーマン1984」
2020年12月18日公開(151分)

アメコミ「ワンダーウーマン」
の第2作目となる
アクション大作。

ワシントンDC。

スミソニアン博物館に勤める、
考古学者のダイアナ
(ガル・ガドット)には、

最強の戦士
「ワンダーウーマン」
というもう一つの
顔があった。

1984年、

禁断の力を入手した
実業家・マックス
(ペドロ・パスカル)の
たくらみにより、

世界のバランスが
たちまち崩れ、
人類は滅亡の危機に陥る。

人並み外れた
スーパーパワーの
持ち主である
ワンダーウーマンは、

マックスが作り上げた
謎の敵チーターに
一人で立ち向かうが
敗れてしまう。。。。。

 

画像4

禁断の力を手に
入れる方法は、
今まで知る中では秀逸で、

「ひとつだけ願いをかなえる」
を逆手に取った
面白い手法に関心した。

ただ、今、SWで人気の
パスカルを起用したが、

悪役として
インパクトが弱すぎた。

全体的には、
楽しめるエンタメに
仕上がっているし、

特に冒頭のダイアナの
幼少時のエピソードは、
迫力満点。

また、
やはり見どころは
モデルでもある

ガル・ガドット
驚異的な美しさ。

女性監督によって
その美しさは、
前回よりも倍増。

画像7

戦う時の凛々しさに加え、
今回、恋人と別れる時の
女性本来の泣き顔は、

戦士の顔とは正反対で、
美しすぎた。

また、
チーターに対抗するため、
黄金のアーマーを付けるが、
これはいただけなかった。

やはり従来の
コスチュームで、
戦って欲しい。

アメリカよりも
先行上映となった本作は、

久しぶりの
ハリウッド大作として、

劇場で見るスケールの
でかい作品。

IMAXなどの大きな
画面で見ることを
お薦めしたい。

エンドタイトル後に、
次につながる人物が
登場しますので、

次作にも期待したい。

画像6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。