泣く男のあらすじと感想は?チャン・ドンゴンの殺人マシン!

この記事は1分で読めます

IMG_20160413_165555

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*)
 

IMG_20160413_165555

IMG_20160413_165623

 「泣く男」
(R-15、韓国)
2014年10月18日初公開(116分)

チャン・ドンゴン扮する主人公は
情け容赦ない殺人マシン。

アメリカでのある取引現場で、
彼は一瞬にして、皆殺しにするが、

もの影から音がし、
反射的に銃を打ってしまう。

しかし、そこにいたのは、小さな女の子。
胸を撃ち抜かれた彼女は
勿論死んでしまうが、

それからの彼の態度は一変し、
彼女の母も殺せという組織に
復讐することに。。。

あまりに切ないオープニングだが、
甘っちょろい日本映画とは違って、
素晴らしいイントロ。

舞台が韓国に移ってからも、
街中での銃撃戦、

ビルの中での1対大勢の
クライマックスまで、
一気に突っ走る。

途中、
彼の生い立ちを知ることになり、
あの名作「アジョシ」の
監督と言われて、最後は納得。

壮絶なラストシーンは
ちょっと読めたが、

感情のない男がなぜ「泣く男」なのか、
劇場で体感してください。

 

IMG_20160413_165654

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 11
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。