「Junk Head」のあらすじとネタバレ?!爆発的ヒットを期待するSFストップモーションアニメ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「Junk Head」
2021年3月26日公開(99分)

爆発的ヒットを
期待するSFストップ
モーションアニメ。

環境破壊によって
汚染された地上に
人類は住めなくなり、

地下開発を
進めるための
労働力として、

人工生命体マリガンが
生み出される。

だが、
人類に反旗を翻した
マリガンによって
地下は乗っ取られる。

画像9

以来、
1600年の月日が流れ、
遺伝子操作により
永遠の命を得た
代償として
生殖能力を失った人類は、

新種のウイルス
によって人口の
30パーセントを
失ってしまう。そんな中、

ひとりの人間が
地下の状況を
確認するため、

地下世界に
送られる。。。。。。

画像3

これほどに
緻密なセットで、

こまどりしているのが、
映画初監督の素人
(失礼!内装業が
本業とか)の方
とはとても思えない、

素晴らしい力作。

しかも7年もかけて、
ほぼひとりで
作成している、

その情熱というか、
取りつかれた
としか思えない

究極の想像力に
拍手喝采を送りたい
衝撃の作品。

世紀末(ディストピア)
の世界観も面白いが、

エイリアンの造形、
地上と地下の関係や、

迷路のような
構造も見ている人を
引き込ませる。

画像11

今はまだ日本で
10数館の上映だが、

TOHOが
拡大公開する
とのことで、

第2の「カメ止め」
になると
期待している。

2017年に完成し、
数々の映画祭で
高評価を得ながら、

なぜ4年も公開が
伸びていたのかも謎。

さらに、3部作の
第1作とのことで、
続編にも期待したい。

堀貴秀という
新しい日本の才能を、

映画界はうまく
開花させて欲しい。

グロテスクな
部分もあるが、

とにかく衝撃を
受けた作品は、
超お薦めしたい。

こういう、
宣伝にも乗らない
素晴らしい作品を
発見した時、

映画を見てて
よかったと
心から思う。

カメラワークも最高!

 

画像5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。