「MINAMA ミナマタ」のあらすじとネタバレ?!水俣病を世界に伝えた写真家の実話を映画化。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像45

「MINAMA ミナマタ」
(米国)
2021年9月23日公開(115分)

水俣病を世界に伝えた
写真家の実話を映画化。

1971年、

ニューヨークに住む
フォトジャーナリストの
ユージン・スミス
(ジョニー・デップ)は、

過去の栄光にすがり
酒に溺れる日々を
送っていた。

そんな折、
日本のカメラマンと
その通訳を務める
アイリーン(美波)が
彼のスタジオを訪れる。

アイリーンは
日本の大企業チッソが
工業排水を
垂れ流した結果、

人々が病に
倒れていると語り、

ユージンに病気で苦しむ
彼らの取材を
してほしいと訴える。

来日した
スミスに対し、

チッソ社長(国村準)は、
賄賂を渡そうとするが。。。。。

画像2

ハリウッド大作や
メジャー作品にしか出ない
ジョニー・デップが、

自らプロデュースと
主演で作った
インディ系の力作。

彼が特殊メイクせず
素顔で出る映画は
ヒットしないが、

彼のキャリアの中でも
最高の仕上がりの作品。

なぜ、
こういう映画を
日本が作れないのか。

50年も前の話を
蒸し返したくない
気持ちもわかる
(実際、水俣市は、
本作の後援から降りた?)が、

日本にはまともな
ジャーナリストが
いないことを考えると、

あきらめざるを
得ないのか。

画像27

本作では、
スミスが日本にいた
3年余のつらい事実を
描くだけでなく、

ラストで、
その後も繰り返される
世界中の公害や
人災を紹介し、

世界への警告を
発している。

重苦しい内容だが、
臭いものに
蓋をするのではなく、

日本であった事実を、
皆知るべきだろう。
日本側の共演陣が凄い。

渡辺謙以外で
英語を理解できる人を
すべてキャスティング
したようなメンバー。

真田広之、浅野忠信、
国村準、加瀬亮。

さらに
「パイレーツ」シリーズの
ビル・ナイも。

特にスミスの妻となる
アイリーンを演じた
美波と国村の演技は
素晴らしかった。

音楽は坂本龍一。

印象に残ったセリフは
「2013年当時の首相が
水俣病が終わったような
発言をしたが、
まだ終わっていない」
というもの。

衝撃的なシーンの
連続だが、
目を背けることなく、

見ていただきたい
社会派の傑作。

ジュリア・ロバーツ主演の
「エリン・ブロコビッチ」も
同系列の作品だが、

写真が見せる衝撃度は
はるかに大きい。

超お薦めします。

画像61

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。