「二トラム NITRAM」のあらすじとネタバレ?!銃乱射事件の背景を描く実話ドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「二トラム  NITRAM」
(豪)
2022年3月25日公開(112分)

豪州最大の
銃乱射事件に至る
過程を描く
実話ドラマ。

1990年代半ばの
オーストラリア
・タスマニア島。

観光以外の
産業がない
閉鎖的な地域で

両親と暮らす青年
(ケイレブ・ランドリー
・ジョーンズ)は、

幼いころから
周囲になじめず孤立し、

本名(マーチンを
逆さに読んだあだ名
「NITRAM(ニトラム)」と
呼ばれバカにされていた。

何ひとつ
思い通りにならない
日々を過ごす中、

彼はサーフボードを
買うために
始めた仕事で、

裕福なヘレン
(エシー・デイヴィス)
という女性と出会う。

しかし、
ある悲劇的な
事件をきっかけに
ニトラムの
孤独感や怒りは増大し、

精神状態は
悪化していく。。。。。

3

完全に目が
行っている二トラム。

前半は
大きな物語も無く、

淡々と日常を
見せるのだが、

何かが起こる
のではないかという
嫌な予感が付きまとい、

見る人を
くぎ付けにする。

ヘレンに
出会うことで、

落ち着きを
見せるかと思ったが、

彼の奇行により、
すべては水の泡に。

そして、
それが引き金となり、

彼はいろんな銃を
所持することになる。

ノルウェーの
銃乱射を描いた傑作

「ウトヤ島、7月22日」
が恐怖の惨殺シーンを
描いたのに対し、

本作ではTVの
ニュースに35名が
死んだと流れるだけ。

5

豪アカデミー賞で
主要8部門を独占し、

カンヌの主演男優賞を
取ったケイレブ
怪演も凄いが、

母親役の
ジュディ・デイヴィスも、
子供を愛せない、

距離を置いた
母親の役で強烈な
印象を残した。

人間が怪物になる
過程を克明に
追った作品は、

重たい内容だが、
避けずに直視して欲しい。

あなたは、
いまだに子供の時に
つけられた嫌な
ニックネームで
呼ばれていませんか?

狂気が増幅して
爆発するまでの
プロセスに興味がある方、

「ポート・アーサー事件」の
背景を知りたい方は
是非、ご覧ください。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。