「死刑にいたる病」のあらすじとネタバレ?!連続殺人犯に冤罪の証明を頼まれる猟奇サスペンス。

この記事は2分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

3

 

「死刑にいたる病」
(PG-12)
2022年5月6日公開(128分)

連続殺人犯に
冤罪の証明を頼まれる
猟奇サスペンス。

理想とはかけ離れた
大学生活で
悶々とした

日々を過ごす
筧井雅也(岡田健史)
のもとに、

ある日1通の
手紙が届く。

それは大勢の
若者を殺害し、

そのうち9件の事件で
死刑判決を受けている
凶悪犯・榛村大和
(阿部サダヲ)からのもので、

「罪は認めるが
最後の事件は
冤罪(えんざい)だ。

犯人はほかにいることを
証明してほしい」と
記されていた。

かつて筧井の地元で
パン屋を営んでいた
旧知の榛村の願いに
応えるべく、

法学部学生の
筧井は事件の真相を
独自に調べ始める。。。。。

1

学生が、
法律事務所の
力を借りるにせよ、

こんな事件に
頭を突っ込むことは
考えられないので、

そのモチベーションに
違和感があったが、

ドラマが進むにつれ、
だんだんと事件の
背景が判ってくる。

彼の本当の父は?
そして、自分では
何も判断できない母
中山美穂)との

関係なども
うまく使っている
脚本は良くできている。

また、
日本では珍しいほどの
猟奇シーンが
出てくるのは、

監督が「孤狼の血」
シリーズでも
バイオレンスを
見せた石井和彌。

6

韓国映画なみの
猟奇シーンに、

岩ちゃん見たさに来た
女子は目をふさぐばかり。

淡々と語る
阿部サダヲ
恐ろしさゆえか、

大学生は心を
操られているようにも
見える。

とにかく、
いろんな伏線がうまく、
絡み合っており、

一級のサスペンスに
仕上がっていた。

冒頭、何気ない
桜の桜の花びらが
散るシーンが、

ラストでは
全く違って
見える演出も、
凄すぎる。

PG-12は甘く、
R-15以上の
サイコパス映画だけに、

心臓の弱い方は、
遠慮された方が
よいかと。

おぞましい
シーンもあるが、

見る人を攪乱する
秀逸な謎解き
ゲームは、

やはり
お薦めしたい作品。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。