「大河への道」のあらすじとネタバレ?!立川志の輔の創作落語を映画化した時代劇コメデイ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「大河への道」
2022年5月20日公開(112分)

立川志の輔の
創作落語を映画化した
時代劇コメデイ。

千葉県香取市役所では
町おこしのため、

日本初の実測地図を
作った郷土の偉人
・伊能忠敬を

主役にした
大河ドラマの
制作プロジェクトを
発足させる。

ところが
脚本作りの途中、

忠敬は地図完成前に
亡くなっていた
という新事実が発覚し、

プロジェクトチームは
パニックに陥ってしまう。

一方、
江戸時代の1818年。

忠敬は日本地図の
完成を見ることなく
世を去り、

弟子たちは
悲しみに暮れる中、

師匠の死を隠し、
なんとか彼の志を
継いで地図を
完成させるため、

壮大な作戦を
開始する。。。。。。

3

出演者全員が
ほぼ一人二役
という構成で、

現代と200年前を演じる
肩ひじはらない時代劇。

NHKの
大河ドラマにしたいが、

伊能忠敬が
日本地図完成前に
亡くなっていたため、

ドラマにならない
ことに気づく。

地図作成の工程は
全く地味な
作業であるが、

いくつかの災難を
乗り越えていく様は、

歴史好きの
お年寄りたちの
笑い声が劇場内に
響いていた。

出演は、
中井貴一松山ケンイチ
北川景子岸井ゆきの
橋爪功草刈正雄らと豪華。

原作は、
出演している
立川志の輔で、

企画は、
原作に惚れた中井貴一

5

日本人の良さを
詰め込んで、

安心して見れる
作品なので、

大河ドラマ
・ファンだけでなく、

落語ファンにも
お薦めしたい。

個人的には、
西村まさ彦橋爪功
ボケた演技が光った。

時代劇の北川景子
アップが多く、
本当に美しい。

邦画の中では、
脚本もよく
まとまっており、

ラストの完成した
日本地図の披露も
映画的な規模感で
まずまず。

大きな驚きはないが、
本当に良くまとまった作品。

お薦めします。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。