「PLAN75」のあらすじとネタバレ?!死を選ぶ権利を得られる制度をめぐるヒューマンドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

 

「PLAN75」
(日仏フィリピン、カタール合作)
2022年6月17日公開(112分)

死を選ぶ権利を
得られる制度をめぐる
ヒューマンドラマ。

超高齢化社会を
迎えた日本では、

75歳以上の高齢者が
自ら死を選ぶ
「プラン75」という
制度が施行される。

それから3年、
自分たちが早く死を
迎えることで国に
貢献すべきという
風潮が高齢者たちの
間に広がっていた。

78歳の角谷ミチ
(倍賞千恵子)は
夫と死別後、

ホテルの客室清掃員を
しながら一人で
暮らしてきたが、

高齢を理由に
退職を余儀なく
されたため、

「プラン75」の
申請を考える。

PLAN75の
コールセンターにいる
職員・成宮(河合優実)と、

その日まで
サポートを受けるが。。。。。

3

劇場は
老若男女で満杯。

筆者のような高齢者は、
特に考えさせられる作品。

尊厳死の映画は、
「君がくれた
グッドライフ」
は合法的に、

「ブラックバード」は
秘密裡に、
といろいろあるが、

年金制度がすでに
破綻している
日本なら、

やりかねない
制度ということで、

非情に身近に、
しかも真剣に
捉えられた。

もちろん主人公は
倍賞千恵子
そのお仲間たちだが、

市役所職員を
演じる磯村優斗と、

制度をサポートする
河合優実やフィリピン人
介護士のエピソードも
平行して進み、

涙なしでは
見られなかった。

監督・脚本は
本作が長編初となる
早川千絵。

4

カンヌでカメラドール
(次点)を受賞したのは
当然だろう。

ラストで磯村優斗
どうなるのか、

倍賞千恵子
どうなるかと思うが、

見る人に委ねる
ということだろう。

ラストシーンも
含め切り取られた
日本の美しい風景が、
また何かを問いかける。

本当に、
生きること、死ぬこと、
を改めて考えさせられた
2時間でした。

これで倍賞千恵子は、
来年の日本アカデミー賞
ノミネートは間違いない。

社会派作品とは
呼びたくないが、

衝撃の問題作は、
75歳まで生きたい方には、

是非見て頂きたい。
超お薦めです。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 5
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。