「長崎の郵便配達」のあらすじとネタバレ?!ジャーナリストと被爆少年の交流ドキュメンタリー。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

2

「長崎の郵便配達」
2022年8月5日公開(97分)

16歳で被爆した
少年とジャーナリストの
交流を描く
ドキュメンタリー。

元イギリス空軍所属の
ピーター・タウンゼントさんは、

後にジャーナリスト
となり長崎を訪れる。

彼はそこで、
16歳のときに
郵便配達中に被爆し
九死に一生を得、

核廃絶のための運動に
生涯をささげてきた
谷口稜曄さんと出会い、

1984年に谷口さんへの
取材をまとめた
ノンフィクション
「長崎の郵便配達」
を出版する。

2018年8月、

ピーターさん
娘である女優の
イザベル・タウンゼントさんが
長崎を訪問し、

父親のボイスメモと
本に登場する
場所をめぐり、

二人の交流を
紐解いていく。。。。。

3

終戦記念日に、
心洗われる作品に
出合った。

第2次大戦の英雄は、
戦後ジャーナリストとなり、

戦争被害者について
世間に訴える。

その中で目に
留まったのが、

谷口さんであり、
長崎を何度も訪れ、

45年8月9日に
何があったのかを
本にしていく。

4

 

そのカセットが
見つかったことで、

娘のイザベルは、
父が何を考え、
どう行動したかを
突き止めていく。

それは死んだ父との
再会であり、

2018年の
谷口さんの初盆
・精霊流しに参加する
ことにもなる。

浦上天主堂、平和公園、
爆心地など現在の
長崎の名所を
巡りながら、

1945年に思いを寄せ、
背中のやけどが
治るまで3年以上を
要した谷口さんの
痛みに寄り添う。

6

谷口さんは、
あの名言

「No more Hiroshima,
No more Nagasaki,
No more Hibakusya,
No more war」を
残した方であり、

彼の子ども達が
幼いころ、

海水浴に
連れて行って、

父の背中のケロイドを
見た時のエピソードが凄い。

「この傷は
自分のせいじゃないから、

(世間にさらすことを)
恥じることは何もない」
と言い切る。

今、世界は再び、
核使用の恐怖が
現実味を
帯びてきている中、

戦争の愚かさを
改めて意見する
作品だろう。

監督の川瀬美香作品は
初めてだが、

タウンゼント
娘が語る点で
非常に面白い着眼点の
ドラマとなった。

ほぼ、
英語かフランス語で、
海外作品かと思ったが、

世界平和を訴える
日本映画ということで、

本当に誇らしい作品。
ある意味、
ドキュメンタリー
らしくない作品なので、

是非、皆さんに
見て頂きたい秀作。

超お薦めします。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 5
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。