永遠のゼロのあらすじと感想は?2013年正月映画イチオシ!

この記事は2分で読めます

11

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*) 

 

22

「永遠の0」

2013年12月21日公開(144分)

文句なしに、この正月一番の邦画作品。

原作の百田さんの
ベストセラーを
読んだ方も
多いと思いますが、
大好きな山崎監督の
VFXはわき役に置き、
壮大なヒューマン
・ドラマに仕上がった。
孫(三浦春馬吹石一恵
姉弟が、とあることから
自分のおじいさんの
特攻について調べる
ことになり、
海軍一の臆病者と
呼ばれた男の人生の
以外な事実に気が付いていく。
とにかく、岡田准一がいい。
特攻という愚かな作戦に従わず、
最高の戦闘テクを持ちながら、
生きることにこだわる男。
戦時中はとても
許されない生き方の
男がなぜ、最後に
特攻を選んだのか。
ある意味、ミステリーながら、
その答えをきっちり
出してくれた明快さにも、
拍手を送りたい。
バカな政治家の愚行によって
戦争に入りこんだ時代を
2度と繰り返してはいけないという
強いメッセージがあるにもかかわらず、
また同じような愚行を
おこしつつある
現代の政治家も見るべき作品。
特攻を必ずしも
神聖化することなく、
家族の愛のドラマとしても
見ることができる。
井上真央ら若いスタッフと、
平幹次郎橋爪功らのベテラン陣が
うまくかみ合い、
ゼロ戦や航空母艦のVFXも
日本映画史上に残る
素晴らしさで、
超お勧めの一作。
夏八木勲の遺作であり、
「風立ちぬ」とセットで見ると、
ゼロ戦ができるまでと、
実戦で使われた史実を重ねて
知ることができるかも。
サザンの歌も、心にしみます。
33

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 11
  2. 1
  3. 1
  4. 5
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。