ロイヤルナイト:英国王女の秘密の外出のあらすじと感想は?イギリス版「ローマの休日」

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

2 3
 「ロイヤルナイト
:英国王女の秘密の外出」

PG12(イギリス)
2016年6月4日公開(97分)
第2次大戦終了の日に
エリザベス王妃
(現、女王)が、

お忍びでロンドン市内に
出たという史実を
ベースにつくった
イギリス版「ローマの休日」。

1945年5月8日、
欧州ではドイツが降伏し、
戦争が終了した。

6年もバッキンガム宮殿から
出ていない20歳の
エリザベス王妃は妹と、
外出を希望する。

はじめはしぶる両親だが、
国王の終戦の放送を聞く
庶民の反応を見てくる

ということで、
外出を許可される。

しかし、護衛がつき、
夜12時までに
帰宅する約束。

しかし護衛がちょっと
サボっている間に二人は、
舞踏会場を抜けだし、

トラファルガー広場、
ソーホーなど、
危険なところまで
行ってしまう。。。。

品があり、キュートな
サラ・ガドンが、
生き生きとエリザベスを演じ、

一般市民に混ざって
終戦を祝う。

次々とエピソードが
繋がるので、
テンポもよく、

ちょっとだけ
淡い恋もあって、
誰でも楽しめる作品に
仕上がっている。

「ローマの休日」には
及ばないが、窮屈な皇室を
飛び出したい

若い姉妹の
やり取りは、
コミカルであり、
心温まる作品。

エリザベス女王本人の
感想が聞いてみたいですね。
お薦めです。

4 1

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. IMG_20160320_003047
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。