「カフェ・ソサエティ」のあらすじとネタバレ⁈ウッデイ・アレン監督の最新ラブコメ。

この記事は1分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

1

 

「カフェ・ソサエティ 」
2017年5月5日公開(96分)

ウッデイ・アレン監督の
最新ラブコメは
1930年代の
ハリウッド。

NYに暮らすボビー
ジェシー
・アイゼンバーグ
)は、

ハリウッドの
名プロデューサーである
叔父(スティーブ
・カレル
)を訪ねていく。

映画界に飛び込み、
叔父の秘書ボニー
クリステン
・スチュワート
)に
恋するが、
フラれてしまう。

失意のまま
ブロンクスに戻り、

兄の経営する
ナイトクラブを手伝う。

事業は順調に
拡大していくが、

裏社会に
通じていた兄は、
逮捕され、
彼が経営者となる。

やがて彼も結婚し、
子供もでき幸せな
生活を送るが、

そこへLAの叔父と
彼と結婚した
ボニーが現れる。。。。。

5

昨年の
カンヌ映画祭の
オープニングに
ふさわしい、

オールスター
キャストの作品で、

古き良き時代の
ハリウッドを描く。

Cafe Societyとは、
3050年代に
クラブやレストランに
出入りしていた
セレブを指すようで、

当時のハリウッドと
NYの生活、

そしてボビーと
ボニーの複雑な感情が
うまく描かれています。

この手の映画を
撮らせたら
本当に神のようで、

特に女性陣の
C.スチュワート
奥さん役の
ブレイク・ライブリ―は、

本当に美しく
撮られています。

ちょっとウイットの
効いたセリフは、

彼ならではの脚本で、
実際に使って
みたくなります。

映像だけでなく、
セリフの妙を
楽しみたい方には

お薦めです。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 4
  2. 1
  3. 1
  4. 2
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。