わたしは、ダニエル・ブレイクのあらすじと感想は?2回目のカンヌ・パルムドール賞・ヒューマン・ドラマ。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

1 2

「わたしは、ダニエル・ブレイク」
  (英国)
2017年3月18日公開(100分)

名匠ケン・ローチ監督を
2回目のカンヌ・パルムドール賞に
導いた英国社会の実態を描いた
ヒューマン・ドラマ。

イギリスの北部ニューカッスル
に住むダニエルは59歳の大工。

しかし、心臓病のため、
仕事は当面無理と
ドクターストップがかかる。

その感、失業保険をもらおうと、
職安に行くが、あまりに複雑な
手続きに戸惑う。

そこで、職員に冷たい
仕打ちを受けている
2人の子供のシングルマザーである
ケイティに出会う。

ロンドンから転居して
彼女たちを助けたいが、
自分もそんな余裕はない。。。。。

3 4

英国地方の疲弊を描いた作品は、
「フル・モンティ」のような
笑い飛ばすしかないものもあるが、

本作では底辺に生きる人々を
正面から描いている。

ダニエルは大工としては一流だが、
パソコンを扱ったことがなく、

職安のパソコンで必要な
申請をすることができない。

デジタル・デバイドの最たる例だが、
支援を必要としている人の多くが、

公務員はパソコンも使えない人
であることを知らないのだろう。

誰もが直面するかもしれない問題と
お役所の理不尽な対応を見事に描いており、
監督の怒りが伝わってくる。

年寄りはダニエルに、
若い人はケイティに
共感できる作品であり、

カンヌを制した
説得力の高い作品を是非、
見て頂きたい。

超お薦めです。

5 6 7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 5
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 4月10日
    トラックバック:ここなつ映画レビュー

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。