「ライ麦畑の反逆児、ひとりぼっちのサリンジャー」のあらすじと感想は?サリンジャーの半生を綴る人間ドラマ。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

「ライ麦畑の反逆児、
ひとりぼっちのサリンジャー」
2019年1月18日公開(109分)

「ライ麦畑でつかまえて」の
作者サリンジャーの
半生を綴る人間ドラマ。

1939年、
コロンビア大学に編入した
作家志望のサリンジャー
(ニコラス・ホルト)は、

自分の作風を
確立するために
試行錯誤していた。

恩師(ケヴィン・スペイシー)の
指導の下で執筆した
短編を出版社に売り込むが
ことごとく断られ、

ようやく
ニューヨーカー誌に
掲載が決まった矢先、

太平洋戦争開戦により
掲載は見送られてしまう。

そして招集され
戦地へ赴いた彼は、

交際中の恋人が
結婚することを知る。

失意の中、
終戦後帰国するが、
PTSDに襲われ筆を取れない。。。。。

 

米国文学史上の最高傑作の
ひとつとも言われる
「ライ麦畑でつかまえて」は、

世界的ベストセラーとなり、
最近では村上春樹が
「キャッチャー・イン
・ザ・ライ」で、
再翻訳し話題となった。

本作では、
この小説が生まれるまでの
彼の苦しみ、後に結婚するが、

誰も周りにいない
田舎に住んでの作家生活、

そして絶頂期に突然の絶筆と
驚きの半生が描かれる。

「X-Men」などの
N.ホルトが熱演しているが、

久しぶりの
K.スペイシーにびっくり。

また、妻役は
「ボヘミアン・ラプソディ」
でもフレディ―の妻を
演じたルーシー・ボーイントン

傑作小説を
唯一好きじゃないと、
切り捨てる女性を演じた。

本を読んでない方でも、
十分に楽しめる、
愛と孤独の物語です。

超お薦めします。
原題は「Rebel in the rye」
(ライ麦畑の反逆児と、直訳!)

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。