「家なき子 希望の歌声」のあらすじとネタバレ?!何度も映画化された児童文学の金字塔作品。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

 

「家なき子 希望の歌声」
(フランス)
2020年11月20日公開(109分)

何度も映画化された
児童文学の金字塔作品。

11歳の少年レミ
(マローム・パカン)は、

南フランスの農村で
優しいバルブラン夫人と
共に幸せな日々を
送っていた。だが、

長期にわたりパリに
出稼ぎに行っていた
夫人の夫ジェローム
・バルブランは、

彼を旅芸人の親方
ヴィタリス(ダニエル
・オートゥイユ)に
売り飛ばしてしまう。

レミは一座のメンバーである
犬のカピや猿の
ジョリクールと仲良くなり、

心優しい親方によって
歌の才能を
見いだされるのだった。。。。。

画像2

予告編を見たとき、
一番に思い出したのは、

1970年の東映作品
「ちびっこレミと名犬カピ」
だった。

東映マンガ祭りは、
「長靴をはいた猫」など
傑作アニメを輩出しており、
本作も痛いほど
心に残る名作。

未だに、
カピ、ヴィタリス、
ジョリクールの名前は
忘れられないほど、
心に刻まれている。

その実写版ということで、
美しいフランスの
地を舞台に厳しい現実に
さらされる主人公レミの
運命が翻弄される。

ヴィタリスの優しさに
触れたレミ役の子役の
素晴らしさ。

そして、
カピとジョリクールとの
出会いがわずかな
幸福感を演出する。

画像5

大人になった今、
やや物語の展開が
早い気がしたが、

子供たちなら、
十分に咀嚼できるのでは
ないだろうか?
子供たちは、今、

「鬼滅」に向かっているが、
本来見るべき映画はこちらで、

その親たちが、
このような素晴らしい
文学を知らないことが問題。

劇場は、わずか3人で、
大人ばかり。

子供に見てもらいたい
至極の作品なので、
是非、親子で見て、
感想を語って欲しい。

心洗われる良作を
見れるチャンスは
今しかありませんよ。

子供の時に泣いた名作が、
また蘇って本当にうれしい。

超お薦めします。

画像12

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。