「山猫は眠らない3 決別の照準」のあらすじとネタバレ?!「スナイパー」シリーズ第3弾の緊迫アクション。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「山猫は眠らない3
決別の照準」

DVD鑑賞(吹き替え版)
2005年7月16日公開

「スナイパー」シリーズ
第3弾の緊迫アクション。

ワシントンDC。

過去の任務で
右手に致命的な
傷を負った
アメリカ海兵隊の
狙撃手・ベケット
トム・ベレンジャー)。

彼にベトナムの時代の
戦友であり、

恩人のフィネガン
ジョン・ドーマン)を
「抹殺せよ」との
命令が下りる。

彼の息子の
結婚式に出て、

フィネガンの手紙を
代読する
くらにの仲であり、

迷うものの、
他人に殺される
よりはと、

自身が引き受け、
彼はベトナム
・ホーチミンに向かう。。。。。

今回は
ベトナム人刑事と
組んでの仕事。

ケガした指のためか、
一発で仕留める
ところを失敗し、

フィネガンを
逃がすが最後は、

ビリヤードのような
ショットで、
決めてくれる。

ただ、
傑作「プラトーン」の
べレンジャーも
年をとり、
太ってしまった。

そしてメインの
狙撃シーンも減少し、

よくあるバディ系
アクション
・ムービー化した。

何も考えない
エンタメとしては、

それなりに面白いが、
特筆すべき
ものもなかった。

ベトナム戦争の
トラウマのシーンも
出てくるが、

戦争を深く
掘り下げたものではないし、

トーマス・ベケット
主人公は最後となり、

次回より息子
ブランドン・ベケットに
主役を譲ることとなる。

ミリタリー系マニアも
納得のスナイパー
・シリーズが好きな方には
お薦めするが、

B級アクション感は
否めない。

それにしても、
なんで
「戦場にかける橋」を
TVで見てたのかね?

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。