「杉原千畝 スギハラチウネ」のあらすじとネタバレ⁈日本のシンドラーと呼ばれた外交官の実話。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

    4

「杉原千畝
スギハラチウネ」
2015年12月5日公開(139分)

「日本のシンドラー」と
呼ばれた外交官の
実話の映画化。

1930年代

杉原(唐沢寿明)、
満州国での
北満鉄道譲渡の
交渉を強引にまとめ、
ロシアからにらまれる。

次に赴任した
リトアニアでは、

領事館立ち上げを
命じられるが、

ロシアの動向を
観察することも
彼の役目。

結婚して、
奥さん(小雪)を
帯同するが、

ナチスが欧州で
勢力を拡大し、

ユダヤ人は
排斥されていく。

行くところの無くなった
ユダヤ人難民は、

杉原の元に
日本行きの
ビザの発給を求めるが、

日本の外務省からは
許可はおりない。。。。。

5

本作の面白さは
本国の指示に
逆らってまで
ビザを発行した
彼の功績にあるのではなく、

本当はスパイ活動を
していたという点も
隠さずに出している
ところだろう。

第二次大戦の
勃発という
歴史的事実までの
背景描写も分かりやすく、

世界の列強の
力関係もきちんと
説明されている。

歴史ドラマとして
だけでなく、

家族のドラマであり、
人間のドラマと
なっており、

2

見終わった後に、
日本人として
誇らしい気持ちに
させてくれる作品。

難民問題は
現代に通じるものであり、

もちろん超お薦め

唐沢寿明他、
役者さんの英語も
素晴らしい。

 3

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。