「曇天に笑う」のあらすじと感想は?人気コミック原作をイケメン多数登場で実写映画化。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

2

「曇天に笑う」
2018年3月21日公開(94分)

人気コミック原作を
イケメン多数登場で実写映画化。

明治維新後の滋賀県大津。

曇神社を継ぐ曇家の
3兄弟である天火(福士蒼汰)、

空丸、宙太郎は、
300年に1度出現し
人々に厄災をもたらす
という大蛇(おろち)の
復活を阻止しようと立ち上がる。

3

4

その一方で、
明治政府右大臣・岩倉具視
東山紀之)の直属部隊である
犲(やまいぬ)も、

日本に混乱を起こさないようにと
大蛇の力を封印するために動きだす。

だが、
明治政府転覆を
もくろむ忍者集団・風魔一族が、
大蛇の力を使おうと暗躍。

曇家3兄弟、犲、風魔一族の
激しい三つどもえの戦いが
展開することになるが……。

5

7

まあ、
中高生女子向けの薄い作品。

「交渉人、真下正義」の
本広監督をしても
面白くなかったのは、
低予算が原因なのか?

元々、
ターゲットを中高生女子に
向けていたので、
この程度でいいと思ったのかは
わからない。

だいたい、
おろちが過去に何をしたのが
わからないのが残念だし、
ラストでもはっきりと出てこない。

したがって、
おろちが出れば政府が
転覆できるのかも不明。

なんか怖そうだから
使おうでは、
怖がるのは中高生女子のみ。

古川雄輝らイケメンが
見たい方のみに
お薦めするが、

せっかくの原作が活かされず、
残念な作品。

8

6

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。