「愛を綴る女」のあらすじと感想は?不器用な女性が愛を見つけるまでのドラマ。

この記事は1分で読めます

2

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「愛を綴る女」
(R-15)フランス
「愛を綴る女」
2017年10月7日公開(120分)

マリオン・コティヤール主演、
不器用な女性が
愛を見つけるまでのドラマ。

ラヴェンダーが咲きほこる
南仏の農村。

ガブリエル
マリオン・コティヤール)は、
両親と妹と一緒に住んでいる。

2

3

彼女には真実の愛や
結婚についての理想があったが、

両親は勝手に真面目な
スペイン人のホセとの結婚を決める。

ホセはガブリエルに尽くすが、
彼女は決して彼を愛さない。

ある時、
彼女は病気療養のため、
フランス山岳部の温泉療養所に
行くことになるが、
そこには運命の男性がいた。。。。。

4 5

コティヤールが若い時から
その17年後までを演じるが、
40歳を過ぎても20代を演じられる凄さ。

そして、
狂気のような愛の表現力は、
共感こそできないが、
彼女ならではのものだろう。

先日、紹介した邦画
「彼女がその名を知らない鳥たち」
と設定は、ほとんど似ているが、
ラストが全く異なる。

17年で本当の愛に気付く本作は、
まだ救いがあるだろう。

運命の男性に手紙を綴る彼女に、
ホセと別れるという選択肢は
なかったのかとも思えるが、

1950年前後の時代が
影響したのだろうか?

プロバンスの美しい風景と
美しすぎるコティヤールが
引き起こす愛のドラマを
見たい方は是非。

カンヌ映画祭でも絶賛。
お薦めです。

6 7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。