「光」の感想は?三浦しおんの小説を映画化した問題の愛憎劇。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

 

「光」
(大森立嗣監督)(R-15)
2017年11月25日(137分)

三浦しおんの小説を
映画化した問題の愛憎劇。

東京の離島・美浜島で暮らす
中学生の信之はある夜、

男に襲われた恋人の
美花を救うため、
殺人を犯してしまう。

その直後、地震が発生、
島を大津波が襲い信之、
美花、幼なじみの輔(たすく)と
数人の大人だけが生き残る。

3 4

そして25年後、
信之(井浦新)は
島を出て妻(橋本マナミ)と
子と普通に生活していた。

一方、美花(長谷川京子)は、
芸能界で成功を収めていた。

その二人の前に輔(瑛太)が現われ、
過去の殺人をばらすと言い寄る……。

5 6

まぶしすぎる島での青春時代が、
月の光(と海への反射した月)の
シーンを境に、津波で一変し、
25年後に移る。

あの月の光は悪いことの
予兆なのか?

4人の主人公が
うごめく日常が、

瑛太の暴力おやじ
平田満)の出現で、

どろどろした物に
変わっていく。

その時も月の光が出てたのか?
人間の欲望の悪いところばかりが
見せつけられる映画で、

同じ三浦しおんの
「まほろ駅前」や「舟を編む」
とは種を異にする。

圧倒的な独善性で、
岡本太郎の作品や、
凄いノイズの音楽が
入ってくるので、

誰にでもお薦めしにくいが、
個人的には好きな作品。

橋本マナミは発展途上ながら、
体当たりの演技で評価したい。

後味が悪くても
構わない方には、
お薦めです。

7 8 9

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。