「鋼の錬金術師」の感想は?「ハガレン」を実写化したアクション・ファンタジー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

 

「鋼の錬金術師」
  2017年12月1日(133分)

世界的大ヒット・コミック
「ハガレン」を実写化した
アクション・ファンタジー。

他界した母を復活させるべく
錬金術でタブーとされる“
人体錬成”を試みたエドワード
山田涼介)とアルフォンスの幼い兄弟。

錬成は失敗に終わり、
エドワードは左脚を、
アルフォンスは体全体を喪失する。

3 4

数年後、
エドワードはなくした体の
器官に機械鎧(オートメイル)を
装着し国家錬金術師となり、
“鋼の錬金術師”と呼ばれていた。

兄弟は失ったものを取り戻すため、
“賢者の石”を探す旅に出る。。。。

5 6

イタリア・ロケを敢行した
ビジュアルはまずまずだが、

物語の説明が、
原作を読んでない方には不親切で、
わかりにくい。

また、
前半にCGをうまく使った
シーンが多く登場し、
後半しりすぼみとなってしまう。

しかも、
炎の錬金術師ディーン様の
活躍が目立ち、
主人公を置いていってしまう。

松雪泰子をはじめとする
悪役はなかなか良いだけに、

原作から離れても、
もっと盛り上げて欲しかった。

ラストに次ぎを示唆する
映像があるので、

次回作はもっと兄弟に
暴れてもらうよう
期待しましょう。

脇は本田翼国村隼
佐藤隆太大泉洋
夏菜小日向さんと豪華。

原作ファンも賛否両論だが、
映画として後半の失速が、
不満の残る作品。

7 8 9

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 5
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。