パトレイバー、首都決戦のあらすじと感想は?押井監督の実写版パトレイバー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も、
ご参考までに(*´∀`*) 

2

「パトレイバー、首都決戦」
2015年5月1日公開(94分)

押井監督の実写版パトレイバー
ということで期待したが、
超はずれのだめだめ映画。

自衛隊から盗まれた
姿の消える最新鋭ヘリと
パトレイバーの戦いを描く。

レインボーブリッジの
爆破から始まり、六本木ヒルズ、
新宿都庁も破壊という設定はいいが、

戦闘シーンは限られており、
説明が多すぎ。

主役の8mのパトレイバーは
最後にちょっと出てくるだけで、
しかも
3分しか動かないじゃ、

見に来た人は怒るでしょ。

来てる人は、
始まる前からパンフ買うような、
コアなファンが多く、
これで満足?

低予算映画なら、
高島礼子なんて
出さなくていいから、

もっとロボットアクションを
見せてほしかった。

全く見る価値なしの、
だまし映画。

34

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. IMG_20160323_133020
  3. IMG_20160323_112431
  4. IMG_20160323_102518
  5. 5
  6. 11
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。