「パリよ、永遠に」のあらすじとネタバレ?!パリの好きな方、史実に興味のある方是非!

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

2

「パリよ、永遠に」
 (フランス語・ドイツ語作品)
 2015年3月7日公開(83分)

第2次大戦の終盤、
フランスを占領していた
ドイツ軍は連合軍の攻撃で
追いつめられていた。

首都ベルリンを破壊された
ヒトラーは激怒し、
パリをすべて破壊するよう
命令する。

命令を受けたドイツの将軍は
エッフェル塔、凱旋門、
ルーブル、ノートルダム寺院など、
主要な場所に爆弾を仕掛けるが、

爆破の前日、突然、
スウェーデン領事官が現れ、
爆破中止を交渉する。

3

家族をヒットラーに
人質にされた将軍を
説得することはできるのか?

あまりにも有名な史実は、
ルネ・クレマン監督が撮った
「パリは燃えているか?」以来、

いくつか映画化されているが、
今回は戯曲の映画化のため、
2人の必死のやりとり部分は
丁々発止で、見ごたえ十分。

当時の実録映像も盛り込んで、
パリ解放を描いている。

この二人がいなければ、
世界一美しい街パリは
壊滅しており、

外交官(原題はDiplomat)の
手腕の凄さに感服する。

90分もない短い作品
ですので、パリの好きな方、
史実に興味のある方は、

是非見て頂きたい。

 4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 5
  3. IMG_20160323_125245
  4. IMG_20160322_191614
  5. 7
  6. 1111
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。