「ワールド・エンド」のあらすじとネタバレ?!ロシアSF映画の底力を見せてくれる世紀末戦争アクション

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

画像4

「ワールド・エンド」
 PG-12(ロシア)
2020年6月12日(154分)

ロシアSF映画の底力を
見せてくれる世紀末
戦争アクション。

突然、
世界中で電力が停止する
ブラックアウトが発生。

ロシア西部とその付近は
月の影になっていたため
被害を免れる。

ロシア軍特殊部隊は
前線基地を作り、

非生存ゾーンへ救出部隊を
送り込むが帰ってこない。

さらに事態の調査を
進めていると、
イドと名乗る男が出現。

イドによると彼は
20万年前に地球に
来た異星人で、

彼らは地球へ移住
するために人類を
生み出して地球に送り込み、

人類を奴隷化する
計画を立てていた。。。。。

画像9

近未来のモスクワは、
まるで「ブレードランナー」
ばりで、

そこへ第一波ブラックアウト
(本映画の原題)が
やってくる。

そして、
第2波は生物学的破壊、
そして第3波は、奴隷化。

以前に
「フィフス・ウエイブ」という
クロエ・G・モレッツ主演の
映画でも第1波は
電源喪失だったが、

本作はそのパクリではなく、
さらに壮大なスケールで
異星人との闘いを
描く力作である。

画像12

異星人のビジュアルは、
どんなSF映画でも問題だが、
今回もびっくり!話は結構、
奇想天外で、ロシアらしいもの
マル秘)に攻撃されたり、

主役が誰かわかりにくいなど、
難点もあるが、

とにかく渾身のVFX映像を
楽しんでもらいたい。

特に、
前線基地がミサイル攻撃
受けるシーンや、

戦車で市街地を
突き抜けるシーンなど、

面白いシーンはそろってます。
さらにラストも驚愕の
ビジュアルが用意されてますよ。

「ワールドエンド」というと、
「酔っ払いが世界を救う」とか
「パイレーツオブカリビアン」
にもありますが、

大胆不敵でやばい設定では、
こちらが群を抜いてます。

なかなかないロシアの
異星人侵略ものとして、
お薦めいたします。

画像2

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。