「8月の鯨」のあらすじとネタバレ?!文芸名作のリバイバル上映作品。

この記事は1分で読めます

111

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

 

 「8月の鯨」
  1987年版
2013年2月16日公開(91分)

見逃していた文芸名作の
リバイバル上映。

メイン州のある島に
避暑に来ている老姉妹は、
子供の時から、

ここで夏は過ごし、
近くにクジラが
見えるのが楽しみだった。

戦争で夫を失った妹の
面倒を見ていた姉だが、

今は目が不自由で、
逆に妹に面倒を
見てもらっている。

にもかかわらず、
言葉が辛辣で、

家を訪ねてくるお客に対し、
トゲのあることを言う。

妹はそんな姉がいやで、
困っていたが、

そこへ元ロシア貴族の
釣り客が訪ねてくる。。。。

出てくるのは、
老人(リリアン・ギッシュ
ベティ・デービスら)ばかりで、

決して盛り上がる
作品ではないが、

古典的名作で、
固定ファンが多い。

最近では
舞台化もされているし、

渋谷には
同名のバーがある。

静かな老人たちの生活と、
ちょっとした言葉で
壊れそうになる

微妙なバランスを
見事に描いた作品として、
記憶にとどめて欲しい作品。

111

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。