「パワーレンジャー」のあらすじと感想は?日本の戦隊ヒーローを米でSFアクション映画化

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

1 2

「パワーレンジャー」

2017年7月15日公開(124分)

 

日本の戦隊ヒーロー・シリーズが
米でSFアクション映画
として実写化。

紀元前の地球。
5人の勇士によって
悪の力を封印し、

海底に沈めたが、
漁船によって海から上げられ、
現代によみがえる。

同じころ、
アメリカの田舎町の
5人の高校生が、

採掘場で
パワーストーンを発見する。

5人は人種も性別も違うが、
皆、心に傷のある
若者たちだった。

3 4

そのストーンによって、
脅威的な力を得た彼らは、
地下にある基地を発見する。

α5と呼ばれる
ロボットに導かれ、
パワーレンジャーとなる
特訓が始まるが、

なかなか変身することは
できない。。。。。。。

5 6

ベースは恐竜戦隊
ジュウレンジャーであるが、

劇場版は大人向けの設定で、
変身スタイルやロボットメカ、

巨大ロボへの合体
といったプロセスは、
ほぼ省かれている。

したがって、
小さな子供を連れて行くと
大変気の毒であり、

ノスタルジーを求めて
ヒーロー戦隊を
期待していった
大人にも厳しい。

むしろ、
全く新たしいSFシリーズの
始まりとして見て
頂いた方が良いだろう。

120億円をかけたという
CGと迫力の映像は、
文句ないが、

高校生をターゲットにした
青春ものとも取れる。

小さいお子さんと
行きたい方は、

本作でなく、
着ぐるみを使った東映版の
ヒーロー戦隊シリーズを
お薦めします。

7 8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 1
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。