「アンナとアントワーヌ愛の前奏曲」のあらすじとネタバレ?!大人の愛の物語。

この記事は1分で読めます

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*) 

2
「アンナとアントワーヌ
  愛の前奏曲
(プレリュード)」

 フランス
2016年9月3日公開(114分)

「男と女」の
クロード
・ルルーシュ監督が、

再びフランシス
・レイの音楽で
タッグを組んだ
大人の愛の物語。

主人公アントワーヌは
映画音楽の巨匠。

インドの
映画監督の依頼で、

パリからインドに
やってくる。

飛行機に乗ると
頭痛を感じるが、

仏大使館主催の
歓迎パーティ―に
出席する。

そこで、
大使夫人の
アンナと出会う。

彼女は、
子供が授かるようインドの
聖母アンマを訪ねる
巡礼に行くと言う。

一方、
アントワーヌの
ひどい頭痛の
原因が判明、

アンナを追って
聖母を訪ねる旅に
同行する。。。。。

4

66年の名作
「男と女」と

比較されるため、
低評価となっているが、

舞台をインドにして、
現代の大人の恋を
描いた秀作。

特に、
冒頭のインド版
「ジュリエット
とロミオ」の
シーンの使い方、

夢と現実が
交錯するシーンなども
巧みに使っており、

監督の年齢を
感じさせない。

3

また、
クライマックスとなる
アンマとの
抱擁シーンは、

とても
スピリチュアルで、

「私の宗教は愛である」
というアンマの
言葉には

感銘を受けた。

ガンジス川の
沐浴シーンも、

大変美しく、魅力的に
撮影されており、

インド映画ファンにも
お薦めできる。

主演のジャン
・デュジョルダン
は、
「アーティスト」で
アカデミー賞を
取った男優。

ちょっと変則的な
フランス映画を

楽しみたい方には
お薦め。

5

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。