「DESTINY 鎌倉ものがたり」のあらすじと感想は?鎌倉を舞台にした夫婦愛のファンタジー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

「DESTINY
鎌倉ものがたり」

2017年12月9日公開(129分)

鎌倉を舞台にした
夫婦愛のファンタジー。

ミステリー作家
・一色正和(堺雅人)は、

元編集者の亜紀子(高畑充希
と結婚するが、
嫁いできた鎌倉では、
さまざまな怪奇現象が起こる。

3 4

これも鎌倉の日常らしいが、
妖怪や魔物の存在に
彼女は戸惑ってしまう。

そんな時、死神(安藤サクラ)が
現れたことから、

彼女の魂が既に黄泉の国に
連れて行かれていることに気付く。

正和は、彼女を助けるため、
黄泉の国行きの江ノ電に乗る。。。

5 6

表情豊かな高畑
(あえて怪人20面相と呼びたい)が、
愛らしい新妻を演じ、

ファンタジーの世界に
引き込まれてしまう。

ただ、
山崎監督のCGには不満で、
これまでの映画より
多用した割には、
できがよくない。

心温まるストーリーに、
「Always3丁目の夕日」の
キャストがそのまま使われており、

豪華な脇役陣がそろう
(シリアスな映画の多い
安藤サクラのこんな
使い方も面白い)。

音楽は宇多田ヒカルの
「あなた」は、
映画に合った名曲で、
心に残る。

冬休みに気軽な
日本版ファンタジーを
見たい方にはお薦め。

同様の展開の映画として
ロビン・ウイリアムスの
「奇跡の輝き」と
比べながら見るのも面白いかも。

7 8

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 2
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。