「ロープ 戦場の生命線」のあらすじと感想は?1本のロープを巡るシチュエーション・ドラマ。

この記事は2分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

3

「ロープ 
   戦場の生命線」
   (スペイン)
2018年2月10日公開(106分)

1本のロープを巡る
シチュエーション・ドラマ。
1995年、
ボスニア・ヘルツェゴビナ内戦が停戦。
マンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)が
所属する
NGO
「国境なき水と衛生管理団」は、
井戸に死体が投げ込まれ、
水が使えなくなってしまった村に赴く。
42
死体の引き上げようとするが
ロープが切れてしまい、
マンブルゥはビー(ティム・ロビンス)、
ソフィー(メラニー・ティエリー)、
通訳と危険地帯に新たな
ロープを探しに行く。
やがてマンブルゥの
元恋人カティヤ
オルガ・キュリレンコ)と合流し、
ニコラという少年が
住んでいた家に向かうが……
 6
5
国連治安部隊が治める
内戦後が舞台であるが、
地雷が残っていたりと
緊迫感の残る中、
軽快な音楽とともに
ユーモアたっぷりの映画。
ロープを探すたったの1日が、
こんなに面白い映画に
なってしまう。
ただ、
戦争への皮肉も強烈で、
国籍の異なる4人が、
国の立場を
代弁するだけでなく、
戦争の不条理をも
語っている。
それにしても、
ラストに死体を
引き上げる方法には
笑ってしまった。
直接的な戦争シーンこそ
ないが、きついブラック
・ジョークの連続は、
意外性もあって、
超お薦めの作品。
デル・トロが良い味、
出してる。
原題は「A perfect day」。
 7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2
  2. 1
  3. 6
  4. 1
  5. 3
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。