「マンハント」のあらすじと感想は?高倉健主演「君よ憤怒の河を渉れ」をジョン・ウーがリメーク。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1 2

「マンハント」
  (日中合作)
2018年2月9日公開(110分)

中国で大ヒットした高倉健主演
「君よ憤怒の河を渉れ」
をジョン・ウーがリメーク。

大阪の天神製薬の顧問も
務めた国際弁護士の
ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)は、

気が付くと女の死体が横にあり、
身に覚えのない殺人事件の
容疑者に仕立てられる。

3

4

逃亡を図ったチウを追う
敏腕刑事・矢村(福山雅治)は
捜査を進めるにつれ事件に
違和感を覚えるようになる。

やがて二人の間に
信頼が生まれ、
彼らは共に真相を追うが……。

8

5

せっかくの日中合作映画で
W主演のアクションなのに、
盛り上がらない。

流石に「MI」や
「レッド・クリフ」の
ウー監督と思わせる
カットもあるし、

大阪でロケを敢行した
力は認めるが、

ラストの天神製薬の
研究所はショボすぎた。

今時、
製薬会社があんな
人体実験してるわけはないし、
こんな脚本が通るとは、
時代錯誤も甚だしい。

終映後に福山
ウー監督の特別映像があるが、

ここで理由が判明するので、
違和感を覚えた方は、
この特別映像まで見てください。

国村隼桜庭ななみなど
脇もそろえたが、
とても高校時代に見た
前作の感動には及ばず。

オープニングが
良かっただけに
しりすぼみ感が強く残った。

原作の西村寿行も
監督の佐藤純彌も泣いてます。

9

7

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 1
  3. 4
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。