「エリック・クラプトン 12小節の人生」のあらすじと感想は?E.クラプトンの人生を振り返るドキュメンタリー。

この記事は1分で読めます

1

Sponsored Link


映画を愛して、映画大好きだからこそ!
勝手気ままな感想を書かせてもらってます♡♡
映画好きな方も、あまり観ない方も
ご参考までに(*´∀`*)

1

「エリック・クラプトン
12小節の人生」
2018年11月23日公開(135分)

天才ギタリスト
・E.クラプトンの
人生を振り返る
ドキュメンタリー。

さまざまな
バンドを経て、

ギタリスト、
アーティストとしての
人気を不動のものに
してきたエリック・クラプトン。

その裏ではドラッグと
アルコールに溺れ、

息子のコナーを
亡くすなど激動の
私生活を送っていた。

彼の半生を、
日記や直筆の手紙、

これまで世に
出回っていない
映像などを通じて
振り返る。。。。。

2

公開のタイミングが
悪すぎる。

Queenを描いた
「ボヘミアン・ラプソディ」と
ぶつかったために、

ドラマチックな同作と、
ドキュメンタリーで
ドラマ性に欠ける本作は
比較できない。

酒と女と薬抜きに
語れない人生を
赤裸々に告白しており、

まだ生きている
彼にとっての
辛い人生ばかりを語る
自虐的な内容。

3

誰もが認める
天才として、

もっと成功体験部分も
付け加えて、

ラストくらい
ハッピーな映画で
終わっても
よかったのでは?

初公開の写真や
関係者の証言など、

ファンにはたまらない
部分もあるので、

絶対エリック・ファンの方には
見ていただきたい作品。

原題は「Eric Clapton
: Life in 12 bars」。

「ボヘミアン」の
2匹目のどじょうを
狙うのではなく、

全く別物として、
別の期間に
上映して欲しかった。

4

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1
  2. 4
  3. 6
  4. 1
  5. 1
  6. 1
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。